10月28日(土)晴れ  成田発 午前10時40分

 KLMオランダ航空862便は、予定より15分遅れて成田空港を出発した。約12時間でオランダ・アムステルダムに到着する。今から13年前、私が市職員生協専務理事をやっていた時に、初めて海外旅行スペイン10日間を企画した。そのときの思い出が脳裏に浮かんだ。旅行会社との契約で最少催行人員が15名、募集に応じてくれた人7〜8名。そこで私の身内、妻、子供(当時長男4歳)、義父、義兄にも参加してもらい何とか15名をクリアし、旅行は成立した。あの当時は、ロシア上空は飛行が許可されず、アラスカ・アンカレッジ経由で往路22時間、復路18時間程度かかったと思う。あのとき幼児だった長男も今年17歳を迎えた。その当時から比べると、随分と飛行時間が短縮された。出発から飛行中はずっと太陽を追いかける形で、機内にはブラインドが降ろされ、寝る人、読書する人、テレビに興じる人それぞれであった。シベリア上空からは冠雪した山々の風景が広がり、あまり人影は見えない。ようやくヨーロッパに入ってきて高速道路が見えてきた。アムステルダム・スキポール空港到着は予定より10分遅れ、現地時間午後3時20分(日本時間午後10時20分)に到着した。(飛行時間11時間40分)この日は、今年最後の夏時間、したがって時差は7時間、明日10月29日より時差は8時間になるという。正確には、午前2時に、1時間遅らせるのだそうだ。 ところで、空港はヨーロッパのハブ空港・スキポール(Schiphol)空港15時台の出発便の案内を見ると、15:40に5便、15:50に5便という具合に国内・国際便が10分間隔で5便ずつ出発していた。まだ整備途中で、畑をつぶして拡張の真っ最中という風であった。
  10月29日へ