10月29日(日)雨 早朝未明起床 オランダ・アムステルダム市

 真夜中1時30分、がやがやとした声に目を覚ます。時計を反対側から見て、6時と間違えて飛び起きる。さあ眠れなくなる。川崎から持ってきた文庫本を一冊読破。なかなか川崎では読めないのでちょっとした満足感。7時に食堂で軽く朝食。
<デルフト焼工場見学>
 17世紀より作られた伝統の工房の見学。絵付師が女性ばかりには驚かされた。この日は、折からの低気圧の来襲とのこと。嵐のようになったり、太陽がのぞいて暖かくなったり、案内してくれた綿野ガイドによると、この時期は一挙に一日で四季を感じるとのことであった。
<RAI国際会議場(見本市)>
 RAIとは自転車・自動車・産業の頭文字だという。狭い国土のオランダでよくも大胆に広大な土地に会議場と見本市を建設したものだ。この日は、見本市の準備とかで会議場の概観のみの見学に終わった。
 対応した窓口の男性職員、あいそもなく、まま日本にもいるなということで納得。方針を変更、国立アムステルダム美術館を見学した。さすが、レンブラントを輩出した国だけあって、教科書で見た「夜警」の壮大さに感動した。この日は、夕食を早めにとってデンマーク王国コペンハーゲンへと向かった。EU(ヨーロッパ連合)内の入国なので、手続きも簡単。午後9時すぎにチボリ公園前のインペリアルホテルへ投宿した。
10月28日へ  
  10月30日へ