第5号
6月3日 青空の下、15,000人で多摩川統一美化活動に取り組む

 今年で23回を迎えた「多摩川美化活動」が市内129団体、約15,000人が参加して行われた。
 参加者は河川敷に捨てられた粗大ごみなど16.1トンのごみを回収し、改めて環境保護の必要性を感じていた。
 この日川崎区でも中瀬河川敷に、区子ども会連盟、京浜ソフトリーグ、中央ロータリークラブ、海洋少年団、ボーイスカウトなど2,000人が参加した。
 挨拶に立った飯塚まさよしは「今日は家族そろって参加。母なる多摩川を守るためにいい汗をかこう。」と激励した。
 今回は、子ども会連盟の参加が目立ち、これからの世代を担うこどもたちに少しでも環境保護の大切さを理解してもらえて大変期待がもてた。

左)集合場所で  右)子ども会の皆さんと汗をかく

戻る