第17号
第5回のりづくりまつり盛大に開催される
−4月28・29日 於マリエン−

写真でつづるのりまつり

控え室で待機
左から阿部市長、倉形顧問、飯塚市議
開会を待つご来賓
左から四谷町会長、港湾局局長、飯塚市議、
阿部市長、松実会長、小野会長、漁連会長
5年間の歩み
総括する飯塚市議
開会式
色どりを添える地元町会のご婦人連
本邦初公開
四谷小寺尾校長作詞作曲による「多摩川情話」に
振り付けする小林先生
終了後の反省会
挨拶する斉藤金作会長
販売ブースの前で

<これまでの川崎海の歴史保存会のあしあと>

設立総会 1999年7月5日 NPO法人 川崎の海の歴史保存会
創立激励報告会 2000年10月20日
「干潟を守りたいな」と話す元環境庁長官
故岩垂寿喜男氏

川崎漁業ゆかりの地 「海苔供養祭祭文の碑」

入場者2万人目と伝える記念撮影 海苔つけ体験参加小学生のレポート

大正10年
 海苔ひび立てと海苔げた
大きいね この亀
 写真撮影後、海に戻す

裏から見ても黒い海苔
 乾いたらおいしいよ
初めての体験に真剣

川崎の海祭り出品作のポスター
ドラと太陽の鳴り物入りの阿波踊り

戻る