第19号
第24回多摩川統一清掃に2000人
−好天に恵まれ汗をかく−

 6月2日、日曜日、第24回多摩川統一清掃が行われた。川崎市内では6つの会場で延べ1万2千人の皆さんが参加した。
 川崎会場は中瀬グランドに、川崎区子供会、ボーイスカウト、郵便局、中央ロータリークラブ、京浜ソフトリーグなど2000人を超すボランティアの皆さんが集まった。
 9時より行われた集会では小菅川崎区長より「ぜひ、よい子の皆さん、今日は家に帰ってお父さん、お母さんに多摩川の河川敷を清掃したこと。どんなゴミが出ていたか、そして、自然と環境を守ることの大切さをお話しして下さい。」と訴えた。
 飯塚まさよしは、先週田島支所が中心となって地元町会と一体で行った浅野町緑道の清掃の報告と炎天下での作業へのねぎらいを中心に挨拶をした。
 この後、多摩川上流六郷橋方向と下流大師橋方向へと二手に分かれ清掃作業を展開した。
多摩川上流に向かって1 多摩川上流に向かって2
京浜ソフトリーグ
会長、副会長、役員の皆様と
京浜ソフトリーグ
「南大師」の皆様と
京浜ソフトリーグ
「中瀬3丁目」の皆様と
京浜ソフトリーグ
 「ファイヤーズ」の皆様と

京浜ソフトリーグ
「マミーズ」の皆様と
京浜ソフトリーグ
 「ドリームズ」の皆様と

京浜ソフトリーグ
 「ジョッキーズ」の皆様と
京浜ソフトリーグ
「峰バッカス」
の皆様と

川崎中央ロータリークラブの皆様と

戻る