第22号
大師橋の工事現場を子供たちが見学、飯塚まさよしも参加
−橋づくりの迫力に驚く・2月21日−

 川崎市と東京都を結ぶ大師橋の架け替え工事現場(大田区本羽田2丁目)を川崎市立大師小学校と四谷小学校の4年生児童らが2月20日と21日に見学した。
 これは工事への理解を深めるため、川崎市と施工業者の共同企業体で作る「大師橋整備事業イメージアップ検討会」が企画実現したもの。飯塚まさよしも21日午前中、約80人の児童とともに
 川の中に設けられた特設台の上から見学した。児童らは大型の機械を使ってのくい打ち作業などが行われスケールの大きさに目を見張っていた。工事にあたっている市建設局では「こうした取り組みから少しでも工事への理解が得られればと期待している。」と話していた。

工事関係者から説明を受ける

大型の重機に驚く

ヘルッメト姿の児童たちに
工事について話す飯塚議員

真剣な表情の児童たち

「すごーい」との歓声や率直な感想が 見学の感想などを交換して
お別れする飯塚議員


テレビに出演しました!

「川崎市議会座談会  予算議会を前に」
2月11日 TVKテレビ 午後7時より

戻る