114年ぶりに甦える伝十郎桃
-はじめに-
 川崎区大島に大島八幡神社があります。村の鎮守として元日の初詣には千人をこす善男善女が訪れます。その本殿の前に「温故知新」の碑が建立されています。この碑文によれば明治元年より、洋桃が輸入されるや大島村では競って栽培を試みたが成功しなかった。ところが明治29年吉沢寅之助氏が30有余種を交配し、1品種を発見し、先代傅十郎の一字を冠し、これを「傅桃」と命名した。これが大島村の地味に適し、栽培法が容易と見え、栽培者が激増し、市場における名声がとどろく。大正3年皇太子殿下に献納する栄誉をいただいたことを記念し、植桃以来の沿革を録したと記されています。
 114年前、幾多の苦難の末、発見した「伝桃」がその後改良を重ね「橘早生」となり、さらに「白桃」・「白鳳」そして今日の福島名産となった「あかつき」・「ゆうぞら」へと改良進化されたことを地元の郷土史研究者小泉茂三氏は記しています。このことを、2年前たまたま川崎市を来訪された瀬戸孝則福島市長にお話したところ、大変興味を示され、ぜひ甦った伝十郎桃と改良を重ねた福島桃を食べ比べしてみようということになりました。
 6月定例市議会で私は114年ぶりに甦える「伝十郎桃」について、阿部市長、金井教育長、小泉経済局長それぞれに質問しました。

温故知新の碑
 富嶽の高き大洋の深き我然成立すろものにあらず必ず幺々の砂涓々の流を積て而して後始めて然り嗚呼小を積て大を成すの功見るべし維人に於て亦然り抑本村は京濱の間に介在し古来梨樹の栽培盛なりしが明治の初年洋桃の輸入せらるるや競ふて栽培を試みしも皆成功せざりき同廿九年吉澤寅之助氏三十有餘種を蒐め栽培せらしより二三熱心家も有望種の撰擇に従事せられたり適吉澤氏一品種を発見したるを以て先考傳十郎の一字を冠し之を傳桃と命名せらる然り而して此桃たるや吉澤氏苦心の賜にして其光澤其風味共に佳良且地味に適し栽培方容易なり従て栽培者激増し市場における名聲嘖々として本村亦本場と目せらるるに至れり大正三年石原知縣畏くも 皇太子殿下へ献納せられしに引続き嘉納の光栄を得たり是啻に本村の光栄たるのみならず亦以て日本園藝界を飾るの功績を有し全国に渉り桃の良種は傳桃の支配す所とならんとする今や果樹業の発達は即ち桃の良種に俟たざる可らず良果の産出は則ち病蟲害駆除予防に基す大正二年時勢の新運の鑑み果物同業者組合を組織し栽培上の改良病蟲害駆除予防の励行輸送方法の改善等を図り馬車輸送を開始したるに生産箱数数拾餘萬を算するに至れり蓋し此盛況を得しは畢竟組合員の一致協力並に輸送法の宜しきを得たるに因ると雖も就中傳桃の憂良種なるに歸せざる可らず茲に於て此の光輝ある桃の発見二十年組合設置三年を機とし神田市場の於ける指定問屋諸氏の賛せらるるあり以て永く本村の歴史として之を萬世に傳へんとす懐ふに時や曠古
 大典に當り何等か之を記念し奉るべき好期なるに於いてをや因て植桃以来の沿革を録す
大正四年十一月              三等郵便局長 安藤安撰并書
                              内藤慶雲刻

-東大島小創立50周年の記念事業として伝十郎桃の植樹にチャレンジ-
 平成17年(2005年)東大島小は創立50周年を迎えました。当時同小に勤務していた上田敏明教諭は伝十郎桃の由来を調べるうちに発見者である吉沢寅之助翁の末裔が大島5丁目にご健在であることにいきつきました。寅之助のひ孫である吉沢庸子さんの聞き取りをつうじて庸子さんの祖父で旧田島町長だった吉沢保三氏の十年日記を明らかにすることになりました。
 さらに、大正の末期に大島から姿を消したはずの伝十郎桃が多摩川上流へと移って行き川崎市フルーツパーク(現在川崎市農業振興センター)で花桃の木に接木されていることも分かりました。そこでその穂木(ほぎ)をフルーツパークよりいただき、校庭にある花桃の台木に創立50周年記念事業として接木することにしました。
  P:創立50周年記念接木の風景
この接木は成功しましたが、残念ながら実がなりませんでした。

-「桃のある風景」岡本かの子より-

 川崎が生んだ小説家岡本かの子は高津区溝の口にあった大貫病院の娘で、鬼才岡本太郎の母であることはつとに有名です。
 岡本かの子が著したエッセー「桃のある風景」に「伝十郎」が出てきます。
 このエッセーは岡本かの子の夫となった漫画家岡本一平との出会いをつうじて、かの子のゆれ動く想いを綴った大変興味深いものですが、恐らくかの子が20才の頃、つまり大正初期の頃、すでに多摩川一帯の果樹園は伝十郎桃が主流であったことが伺い知れます。
 かの子は桃についてる〝伝十郎〞という呼称にまるで人間のように呼ばれるこの名を憶い出して声を出して笑ったと書いています。
 かの子の鋭い感性には桃が咲き揃い、萌黄いろの桃の葉が鮮烈に映っていたようです。

-大島三丁目町内会創立40周年記念誌-

 昭和61年(1986年)大島三丁目町内会は創立40周年にあたり、169ページにおよぶ記念誌を刊行しました。
 この中に伝十郎桃に関する記述が4ページに亘って書かれています。残念ながら吉沢寅之助家は大島2丁目西運庵の近くにありましたが、すでに引越されたと伺っています。
 今日残っている資料はこのページしかないようです。
川上の上は一面に銀(ぎん)灰色(はいしょく)の靄(もや)で閉じられて、その中から幅の広い水の流れがやや濁って馳せ下っていた。堤の崩(くず)れに板の段を補って、そこから桃畑に下りられるようになっている。私は、ここで見渡せる堤と丘陵(きゅうりょう)の間の平地一面と、丘陵の裾(すそ)三分の一ほどまで植え亙(わた)してある桃(とう)林(りん)が今を盛りに咲き揃っている強烈な色彩にちょっと反感を持ちながら立ち止まった。だが、見つめていると、紅い一面の雲のような花の層に柔かい萌黄(もえぎ)いろの桃の木の葉が人懐かしく浸潤(にじ)み出ているのに気を取り倣(な)されて、蝙蝠(こうもり)傘(かさ)をすぼめて桃林へ入って行った。
 思い切って桃花の中へ入ってしまえば、何もかも忘れた。一つの媚(こび)めいた青白くも亦(また)とき色の神秘が、着物も皮膚も透して味覚に快い冷たさを与えた。その味覚を味う舌が身体中のどこに在るやら判らなかったけれど味えた。「伝十郎」とまるで人間の名のように呼ばれるこれ等の桃の名を憶(おも)い出して可笑(おか)しくなった。私は、あはあは声を立てて笑った。

-おわりに-

 平成22年8月8日大島八幡神社例祭が盛大に催されました。終了後直会の席で114年ぶりに「伝十郎桃」が今、6つの小学校で元気に甦ろうとしていることを私から申上げました。すると市川緋佐磨稲毛神社宮司より、ぜひ大島八幡神社に植樹してもらいたいと要請がありました。すでに大島八幡神社には禅寺丸柿が植えられ毎年秋になるとたわわに実るようになりました。これに川崎区大師駅前にある若宮八幡宮の長十郎梨が一堂に実りを迎えたら、まさに川崎はくだものの郷となることでしょう。50年ぶりに甦った〝川崎の浜〞であさりが採れ、春には伝十郎桃が咲き、そして夏には伝十郎桃を食べ、秋には長十郎梨を食してみたい、そんな夢を見ながらペンをおきます。

川崎評論2010より

  戻る