ごあいさつ

飯塚正良

<8期目のスタートに向けて>

4月7日行われました川崎市議会選挙において、8期目の当選を果たすことができました。原点に戻って皆様にお約束した公約について一つずつ実現に向けて努力してまいります。
今回の選挙は、ヘイトスピーチを根絶するための条例制定を推進するのか、それとも選挙活動に名を借りて、ヘイトスピーチ条例に反対し、排外主義を煽るのかが問われる選挙となりました。相手候補は前回の得票数を大巾に減らし、私が街頭演説や宣伝カーで訴えたことが功を奏したのかと思います。
さて、市議選が始まった3月29日、市役所前で第一声を上げていた時のこと、一人の女性がかけ寄り「“ALC貝塚学院”の閉鎖に対して、助けて下さい」との御願いがありました。肩代わりしていただく会社も現れ、存続が決まり安堵しましたが、経営難の原因の一つに本年10月からの幼稚園無償化があげられ、認可外施設には適当されないことには改めて無償化制度の見直しを求めていきたいと思います。
‟共に生きる川崎をつくりあげよう” をスローガンに9日間選挙戦を戦い抜いてまいりました。これからもひきつづきの御支援をお願いし、当選の報告とします。共に生きる川崎をめざして!

 

*街頭演説をしています
日時 毎週木曜日7時15分から1時間
場所 地下街アゼリア4番出口を上がった左側

 

ウォーキングダイアリー

TOPICS

ホームページ案内

© 2018 飯塚正良ホットライン