11月2日(金)<友好都市韓国富川市より来川する>

 川崎市の友好都市韓国富川(プチョン)市から、富川市議会行政福祉委員会視察団が来川しました。団長は、鄭在絃(チョンジェヒョン)委員長、総勢7名。昼食をとりながら、意見交換が始まりました。富川市議会の議員期数は、現在、最長で3期です。議員報酬との関係で、兼職は認められています。専業で議員をやっている方は少ない  。鄭委員長から、4年前市庁舎前で行われた結婚式の報告がありました。新婦は、高校生交流ハナのメンバー、新郎は富川市職員。まさにこの結婚式は、今日の川崎市と富川市の関係です。私から来年7月上旬のアゼリア合奏団の富川市公演のお願いをしました。鄭委員長から富川に帰ってから関係団体に相談するとの答がありました。期待します。この後、記念品の交換そして記念撮影が行われました。来年7月の富川市訪問が楽しみです。

 

 

© 2018 飯塚正良ホットライン