11月13日(水)<国際環境技術展がカルッツ川崎で始まる>

川崎国際環境技術展がカルッツ川崎で始まりました。中小企業の参加が多く、史上最高の参加企業数だそうです。川崎競輪場前の駐車場には、障害者施設が作った農作物が展示販売され彩りを添えていました。浅野町の工業団地のトーキンオールのブースには現在試作中の介助ロボットが展示されていました。現在認可申請中とのこと。川崎の中小企業は元気です。さすがです!

© 2018 飯塚正良ホットライン