5月13日(水)<令和2年度第2回市議会臨時会始まる>

本日から第2回市議会臨時会が始まった。新型コロナウィルス感染拡大による休業要請を受け、市内商店街の中には倒産廃業といった危機的状況を迎えている。
川崎市はこうした状況を前にして、令和2年度会計補正予算案を提案した。
総額1,781億円余を増額することにした。目玉は「川崎じもと応援券」の30億円、財源は、国の地方創生臨時交付金を充当するという。市長は地元での消費を掘り起こすのが狙いで市内の中小企業を下支えしたいとの提案理由で強調する。
今日行われた会派代表質疑で共通して指摘されたのは「川崎じもと応援券」の発行の時期についてである。
一人10万円給付される「特別定額給付金」の申請用紙の中に「川崎じもと応援券」の案内が同封される予定という。とすれば、懸念されるのはいまだ細部が決まっていない「川崎じもと応援券」の案内文の遅れが「特別定額給付金」の申請用紙送付作業の遅れに影響しないかという事である。
市民は一日も早い「特別定額給付金」の申請用紙の送付を待っている。
「川崎じもと応援金」を切り離して「特別定額給付金」をまず実行すべきである。

© 2018 飯塚正良ホットライン