7月2日(月)<団体ヒアリング始まる>

今日から来年度予算要求のための団体ヒアリングが始まりました。川崎市サッカー協会は、韓国富川市との少年サッカー交流の予算規模が削られることに対して、支援要請がありました。川崎市行政書士会からは、市の常設相談会への予算計上の要請がありました。川崎市精神障害者地域生活推進連合会からは、医療観察法の方を受け入れるグループホームが手厚い支援を行える体制にして下さいという要請がありました。いずれも大変難しい問題ばかりです。ひとつずつ解決していきます。

 

© 2018 飯塚正良ホットライン